葬儀の際の写真撮影

皆さんは葬儀の際の写真撮影についてどのような印象を抱くでしょうか。
実は、写真撮影については様々な変化がある部分であり、地域差も見られるため
それぞれの個人で賛否が分かれるところであるようです。

ただ、祭壇をバックにして会葬者全員での集合写真を撮るというのは一般的と考えて良いでしょう。
実際、多くの家庭でそうしているため葬儀社の方でも写真撮影の準備・撮影を担当してくれます。
ですから、この集合写真については特に大きな問題はなく、心配は要らないと言えますね。

しかし、最近見られるようになってきた葬儀の最中についての写真撮影については、少し注意が必要です。
これまでと違い最近では葬儀中、参列者の様子、祭壇の状態などを撮影することが多くなってきています。
もちろん、それが必ずしも悪いことではありませんし、
後でその写真を見返すことで当日気付けなかったことも発見できるということもあるでしょう。
写真を通して葬儀を振り返ることで気持ちが落ち着いていくこともあるでしょう。

ただ、そういったメリットがある一方で人によっては写真を撮る場面、
タイミングによっては不快感を抱くこともあるようです。
特に亡くなった方を撮影するような人も中にはいるようですが、
それはやはり不謹慎だと感じる人も少なくありませんから避けた方が良いでしょう。

写真撮影について簡単に紹介しましたが、やはりTPOを意識した撮影を心がける必要があります。
写真を撮ることばかりに気をとられ故人を悼むことを蔑ろにしてしまっては本末転倒です。
集合写真や常識の範囲内でのスナップ写真は葬儀社が担当してくれますから、
参列する立場の者はきちんとお別れを告げることを第一に考えるべきでしょう。