子どもたちには果物を、孫たちからは花を

いざ葬儀というときに、知らないと意外と困ってしまうのが花です。
葬儀となると他にもたくさんのことを考え、準備をしないといけませんからついつい軽視してしまいがちですが、
花は祭壇や会場を彩る大切な要素となるので故人のためにもしっかりと選んであげたいものです。
そこで今回は葬儀の際に贈る花についての紹介をしていきます。

ではどのように花を贈るのかと言いますと、一般的には葬儀社に依頼することとなります。
葬儀の準備へ向けて非常に慌しくしているので、直接喪家に確認するというのは避けるのがベターです。
ですので、花を贈るということ全般においての相談は担当の葬儀社にするというのが良識的となります。

また、特に遺族間では全体的なバランス、見栄えが良くなることも意識して選んだ方が良いでしょう。
例えば子どもたちには果物を、孫たちからは花をというように分担を行う方がアンバランスにならずに済みます。
このあたりも不安であれば担当の葬儀社の人に確認するのが良いでしょう。
花も葬儀にかかわる一要素ですから、先述したバランスなどについてもきちんとアドバイスをしてくれます。

なお、花を贈るタイミングですが、できるだけ早めに依頼をしておくほうが賢明です。
通夜開始近くとなると間に合わなくなってしまう恐れがあるからです。
ですので先に挙げた葬儀社への相談なども極力早めに行う方が良いでしょう。
ただ、もし通夜に間に合わなかったとしても後飾りとして喪家に送るという方法がありますので、無駄になることはありません。

花を贈る際には基本的には葬儀社に相談、そしてできるだけ早く準備を済ませるという2点を心がけておきましょう。